HOME > 病気を調べる > 上肢 > ばね指 -指が曲げ伸ばしでひっかかる-

整形外科の情報を発信 病気を調べる

ばね指 -指が曲げ伸ばしでひっかかる-

上肢

症 状

手の指を動かす時に、カクカクとひっかかりがおこるようになります。指を伸ばした状態から曲げていくと、ある一点でカクンとひっかかって、そこでとまってしまいます。再び伸ばそうとしてもひっかかって伸びなくなることもあります。ひっかかる時に痛みがでることもあります。曲げている状態から伸ばす時に「カクン」と、ばねのようにひっかかることもあります。

手のひら側の、ゆびの根元に痛みがあります。時にはグリグリするかたまりをふれることもあります。

朝、起きた時に多いのが特徴です。少し動かしているうちによくなってくることもあります。

なりやすい人

女性に多いのが特徴ですが、男性にもおこります。女性の場合、更年期や産後などにおこる事があり、ホルモンに関係あるともいわれています。関節リウマチや糖尿病のひとがなりやすい傾向があります。手を使う人がなりやすいのかというと、そうとは限りません。

なりやすい指

おやゆびに多く、次に中指と薬指に多くみられます。ばね指は腱鞘炎の一種です。指を曲げ伸ばしする腱の通り道の、腱鞘というトンネルが、狭くなって動きが悪くなります。

治 療

症状が出てすぐの時には、あまり無理して動かさないようにします。ただ安静にしていなければいけないということではありませんので、できる範囲で指を動かしてもらうのはかまいません。しばらくすると自然によくなることもあります。

なかなか痛みやひっかかりが取れないときは注射をすることがあります。注射にはステロイドという、炎症をとる成分が含まれている注射です。この注射で症状がとれることがほとんどです。1回の注射で治ってしまう人もいれば、しばらくして再び同じ症状がぶり返す人もいます。

再びひっかかりがでる期間は人によってちがいます。1回の注射ですっかり治ってしまう人もいれば、数か月してまたひっかかりが出てくる人もいます。

再び症状がでてきたらまた注射をします。しかし何回か注射をしているうちに注射の効きが徐々に悪くなる人もいます。何回も繰り返すようなら腱鞘を開く手術が有効です。


一覧へ戻る