HOME > 病気を調べる > 下肢 > シンスプリント

整形外科の情報を発信 病気を調べる

シンスプリント

下肢, スポーツ整形外科

痛くなる場所

すねの内側の痛みをシンスプリントといいます。
ひざと足首の間の「すね」は、医学的には「下腿」といいます。すねには脛骨という骨があり、断面は三角形です。自分で触ってみるとわかりますが、外側の辺には脛骨筋という筋肉がはりついていますが、内側の辺は皮膚の下はすぐに骨になっています。この内側の辺がいたくなります。
すねの真ん中よりやや下の方が痛くなり、足首に近いところまで痛むこともあります。

なりやすい人

中学生や高校生などの十代のアスリートがよくなります。陸上や、サッカー、バスケットなど走ることやジャンプすることが多い競技でよく起こります。運動をはじめたばかりの人がなりやすいです。

症状

歩いたりする日常生活ではほとんど問題ありません。走ったり跳び上がると痛みが生じます。最初は運動の後に痛くなることが多いのですが、無理に運動を続けていると走っているときに痛みが出てきます。そのうちに一歩一歩で痛みが出てきて、競技パフォーマンスに影響を与えるようになります。

原因

原因は足首の柔軟性が不十分で、走る時やジャンプするときに、グランドや体育館の床からの衝撃がすねの骨に直接伝わるためです。扁平足の人はジャンプの時の衝撃がすねに伝わりやすいためシンスプリントを発症しやすいといわれています。
合わないシューズをはくと、やはりのすねに負荷がかかりますので、シューズの選択も大切です。
シンスプリントは脛骨の周囲をとりまく「骨膜」の炎症であり、「過労性骨膜炎」とも呼ばれます。ひざ下の筋肉や腱に反復して刺激が加わることにより炎症が生じます。

似た病気

シンスプリントと似た症状を出すものに疲労骨折があります。こちらは脛骨自体に繰り返しストレスが加えられたことによりレントゲンでもわからないような微細なヒビが生じます。このほかに筋膜という筋肉を包む袋の炎症である筋膜炎や下腿の腱鞘炎も似た症状を呈します。必要であればエコー検査やMRIを行い、これらの病気と区別してしっかり診断することが重要です。

治 療

できるだけスポーツを休まずに治療していければ、それに越したことはありません。しかし痛みがとても強いとき無理にスポーツを続けると痛みはかえって長引いてしまいます。痛みは自分にしかわかりません。慎重に様子をみながらケアしていくことが大切です。
運動前のウォーミングアップと運動後のクーリングダウンも重要です。アイシングが効果的なこともあります。ふくらはぎの筋肉のストレッチをゆっくりしていきます。力まかせにいたいところをゴリゴリもむのはけっして良くありません。
痛みが強いときは消炎鎮痛薬を使うこともあります。消炎鎮痛効果のあるシップやテープ剤も有効です。赤外線や低周波などの物理療法をすることもあります。


一覧へ戻る