HOME > 病気を調べる > リウマチ・痛風 > リウマチはどうやって診断するのか?

整形外科の情報を発信 病気を調べる

リウマチはどうやって診断するのか?

リウマチ・痛風

「診断」とは

「診たて」ということばがあります。医者が患者さんを診て、どういう病気か決めることでこれを「診断」といいます。診断は医者の直観で決めるものではありません。診断するにはかならず根拠があります。

またいくら科学が発達してといっても、機械的な検査だけで診断できるわけではありません。

関節リウマチがどうかを診断するにも、きちんとした基準があります。このような基準は科学的なデータに基づいて学会で検討されて決まったものです。

リウマチの古い診断基準

1987年に作られたものが23年間使われていました。この診断基準は次の7項目のうち4つあてはまるとリウマチと診断できるというものです。

1)朝の手のこわばり
2)3つ以上の関節炎
3)手の関節炎
4)左右対称の関節炎
5)リウマトイド結節(皮膚の下にごろっとした腫瘤ができる)
6)血液検査でリウマチ因子が陽性
7)レントゲンでリウマチの変化がみられる

リウマチの新しい診断基準=分類基準

2010年に23年ぶりに診断の決まりがあたらしくなりました。

新基準はACR/EULAR2010分類基準と呼ばれています。

新しい分類基準では次の4点を点数化して満点10点のうち6点を越えたらリウマチと診断するというものです。

1)罹患している関節の数
2)血液検査(抗CCP抗体とRFという検査)
3)炎症反応(CRPか血沈という検査)
4)症状が6週間以上続いているかどうか

の4項目を点数化して診断します。

診断に大切なのは検査より診察

古い診断基準をみると、検査は6)の血液検査と、7)のレントゲンだけ。あとの5つは検査ではなくて診察で決まります。

新しい診断基準でも検査は2)と3)の2項目だけで、残りの2項目は診察です。しかも4項目の満点は10点。そのうち6点以上だと関節リウマチと診断されるのですが、検査の項目は4点、診察が6点、と診察の方が比重が高いのです。

このような項目をみながら診断をしていきます。

日本リウマチ学会ではリウマチ診療のエキスパートとしてリウマチ専門医を認定しています。

当院の谷川浩隆は日本リウマチ学会専門医のほかに、日本整形外科学会認定リウマチ医、日本リウマチ財団登録医の3資格を取得しています。


一覧へ戻る