スポーツ整形

最良の選択をスポーツドクターが選手と一緒に考えます

sports01スポーツは心身をともに人生を健康にそして有意義にしてくれるすばらしいものです。しかしスポーツにけがはつきもの。せっかくのスポーツでけがや故障がおこると、痛みのためスポーツは急にストレスの原因になってしまいます。ほとんどのスポーツ障害は手術ではなく、丁寧なケアによってよくなります。

選手は多少の故障があっても、スポーツを続けたいのが本当の気持ちです。医療機関へ行って診察を受け「痛みがあるなら休むこと」といわれたことのある選手はとても多いのです。「痛みがあれば休むこと」ということは簡単です。しかし学生生活最後のシーズンを前にしていとも簡単に「休むこと」というのは正しいことでしょうか。ほかに何か方法はないでしょうか。

当院ではそのことを選手と一緒に考えます。

院長はスポーツドクターとして豊富な実績

sports02私は日本体育協会公認スポーツドクター、整形外科学会スポーツ医、日本医師会健康スポーツ医の3資格を取得しています。

日体協スポーツドクターとして2010年から2012年まで長野県スポーツドクター協議会の理事を務めました。また長野県選手団の本部役員(帯同ドクター)として大分、新潟国体に参加しました。さらに長野県選抜U15サッカーチーム海外遠征のためフランスに2回帯同しました。

このような経験を踏まえ選手にあった治療を見つけていきます。

最新の検査で確実な診断を。メンタル面からもサポート

レントゲンで正常にみえる関節も超音波検査(エコー)で靭帯や筋肉などの故障がわかります。むしろMRIよりもよくわかることがあります。なぜならエコーは医師が直接、選手の手足を診察しながら検査を行い、動きのある画像が見えるからです。動きのある画像はMRIでは決してみることができないのです。足首を動かしながらエコーをあてたら、MRIでみられなかった靭帯のほつれがわかったこともあります。

このような最新の検査をとりいれて診断を確実にします。また痛みがあるままスポーツをすると選手はメンタルにも疲れてきます。このようなメンタルの手当てがとても重要であることが最近のスポーツ医学ではさかんにいわれています。選手のこころに寄り添い、よりよい形でのスポーツ復帰をめざします。