当院の特徴

腰痛、肩こり、関節痛などの運動器疾患を幅広く診療します

整形外科は、運動器の病気やけがを治すところです。

「運動器(うんどうき)」という言葉をご存知でしょうか。運動器というのはヒトがからだを動かすために必要な器官です。つまり内臓を除いた、手足や首・腰などの胴体です。そこには筋肉や骨、関節があり、そのまわりを血管や神経、腱や靭帯がとりまいています。

運動器に起こる病気や故障を、整形外科・リウマチ・リハビリテーションの専門医として、幅広く診療しています。また骨折・脱臼・捻挫・靭帯損傷などの外傷、そして骨粗しょう症や関節リウマチといった運動器の病気も治療しています。さらに腰・肩・膝などの運動器疾患を予防するのに重要なリハビリテーションを行っています。

スポーツ整形は、日体協公認スポーツドクターとして国体やサッカー海外遠征に帯同した経験を生かし、原因、治療、スポーツ障害の再発予防に努めています。 腰痛や神経痛の治療は、痛いところだけを診ているだけでは、なかなか治療が進まないことがあります。痛みの治療には、こころとからだのバランスが重要であることを、十数年前から全国に先駆けて提唱していました。

本邦初の、整形外科医による運動器心身医療の一般書「腰痛をこころで治す 心療整形外科のすすめ」(PHPサイエンス・ワールド新書)を出版してからは、全国から多くの講演を依頼されています。 からだの痛みなどの症状は「医者にかかった方がよいかどうか迷っている」という患者さんがたくさんいます。

たとえ肩こりでも、「何か病気があるだろうか」と心配していることなく、多くの患者さんがお気軽にご相談いただいています。 地域の皆さまが「からだの心配」を気軽に相談できるクリニックです。

落ち着いてリラックスした雰囲気、やさしい環境を

なによりも患者さまが気軽に受診できる環境を、スタッフが全員で作っています。

「医院を受診するのは敷居が高いなあ」ということを決して感じないように、ちょっとした心配ごとを相談できるように、気軽に受診できるようになっています。

受診された患者さまが、どんなささいなことでも受付に相談しやすいようになっております。お入りになったら、お気軽に受付に声をかけてください。

待合室や診察室は自然光をふんだんに取り入れ、落ち着いて診療できるやさしい環境にしました。

患者さまお一人お一人がゆったりできて、リラックスできる空間を確保し、不安や痛みが少しでも和らぐ雰囲気づくりを心がけています。クリニックはすべてバリアフリーで、どの患者さまも入りやすくなっております。

受付
相談しやすいやさしいグリーンにつつまれた受付
待合室
お一人お一人がゆったりと座れる待合室

整形外科ではとても重要なレントゲン室ですが、薄着になるのに通常の病院では暗く狭い事が多く、冬は寒く夏は暑いことにお気づきになっている患者さまも多いことと思います。またレントゲン検査では、着衣脱衣の際のプライバシーはとても気になる点です。

当院のレントゲン室は完全床暖房であり、患者さまが薄着になっても大丈夫なように、重点的に設計されています。このため1年を通して快適に検査が受けられるようになっています。またレントゲン検査での着衣脱衣は、すべて女性スタッフがあたります。

1年を通して快適な室温のレントゲン検査室
1年を通して快適な室温のレントゲン検査室
レントゲン

リハビリテーションルームでリハビリをするのに大切なことは、患者さまにリラックスしていただくことです。リハビリテーションルームは、筋肉を和らげてリラックスできるように、自然光と間接照明を効果的に使い、大きな自然木のはりを高い天井に配置してあります。

ルーム全体に環境音楽が流れ、気持ちがゆったりできるようになっており、リハビリの治療時間を快適にお過ごしになれるように工夫しています。この空間にお越しになっていただくだけで関節や筋肉のリラックスが得られるようになっていますので、スタッフにお気軽に声をかけてください。

リハビリテーション
自然光が入ってリラックスできるリハビリ室

室内案内はこちら

最新の診断技術と医療設備

pc
画像システムと電子カルテ

医療にとって一番重要なことは、まず正確な診断ができることです。せっかく原因を知りたいために受診したのに「原因はわからない」「たいした異常はない」では患者さんが困ります。

当院では、安全で正確な診療ができるように最新の診断機器、治療機器を使っています。

透視下治療のできるレントゲンは、すべてデジタル化されています。レントゲン画像を拡大したり、見え方をデジタル的に変えることにより、今までわからなかった細かなところがみられます。

撮影したばかりのレントゲンのデジタル能力を使って、患者さんに詳しくご説明します。同じ1枚のレントゲンから、どれほど詳細なところまでみえるかお分かりになると思います。


kotsumitsudo
骨密度測定器
骨密度は、からだのいろいろな部分で数値が違ってきます。健診などでは手や足を使って簡易な検査法が行われています。しかし正確な数値は、腰椎と骨盤(大腿骨頚部)という、いわゆる「からだの中心骨」で計測するべきである、と学会で推奨されています。中心骨の骨密度を、正確に測ることができる最新の骨密度測定装置を設置しています。日本人の10人に1人がなっているといわれる骨粗しょう症は、きちんと治療されている患者さんがその半分もいないといわれています。最近は市町村などの行政も、補助を出して、節目検診で骨粗鬆症の検査をするために住民に補助するようになってきました。また節目検診でなくても、骨粗しょう症は保険を使用して検査ができます。
ぜひ一度、ご自分の「骨の健康度」を正確に測ってみてください。

関節超音波検査
関節超音波検査

関節超音波装置(関節エコー検査)ではレントゲンではわからない、関節や筋肉、血管、神経の様子が詳細にみることができます。

超音波検査のよいところは、医師が検査しながら、患者さんも一緒にみることができることです。スポーツ障害の原因を、検査しながら確かめて、その対策を患者さんと話し合います。またレントゲンではわからない五十肩の原因を診断するのに超音波は威力を発揮します。

単なる五十肩なのか、腱板という肩のスジが切れているのか、肩の関節に炎症はあるのかを、患者さんにおみせしながら検査します。


リハビリテーション治療機器は、最新の治療理論に基づいた、効果的に足腰、首や手の痛みやしびれをとる機器を設置しています。低周波や干渉波などの治療機器はからだの深部の血行を促し、筋肉を収縮させたりゆるめたりすることで、自律神経を活性化させます。このほか、レーザー治療や、赤外線治療などの最新治療も取り入れています。「ハリを刺さない鍼治療」といわれている経皮的ツボ電気治療器も設備してあります。
レーザービーム治療器
レーザービーム治療器
リハビリテ-ション室
リハビリテ-ション室

以上のような最新の検査機器および医療機器を用意しております。

検査・治療の詳細はこちら

バリアフリー設計

高齢の患者さまや小さなお子さまが安心して利用できるように、エントランスから待合室、診察室、リハビリテーションルーム、多目的トイレなど全てバリアフリーとなっています。

また、車椅子での来院に十分対応できるように、入口や院内廊下、トイレの広さも十分にとってあります。

外観
外観
エントランスは自動ドア
エントランスは自動ドア
段差のないエントランス
段差のないエントランス
院内用の車椅子も完備
院内用の車椅子も完備
車椅子でもゆったりとしたトイレ
車椅子でもゆったりとしたトイレ

施設案内はこちら

診療の内容こちら

総合病院や大きな病院との連携と協力こちら

検診や人間ドックからの受診こちら