「腰椎椎間板ヘルニア」と「椎間板症」

椎間板ヘルニア, 腰痛と坐骨神経痛

0425

腰椎椎間板ヘルニアは、骨と骨の間の椎間板が、うしろにとびだしてくる病気です。とびだした椎間板は坐骨神経にあたって、坐骨神経痛をおこします。ざこつ神経は、一般には「座骨神経」と書くこともありますが、医学用語としては「坐骨神経」が一般的です。

坐骨神経痛になると、右か左のどちらか一方の足が痛くなったりシビレます。お尻からふくらはぎにかけて、ビリビリしたシビレ痛みがあったり、時には「つっぱたような」とか「重だるい感じ」がおこることがあります。

椎間板がとび出てしまう原因として、重いものを持ったり、中腰や腰のひねりが入る無理な動作が続くことがあげられています。また椎間板は、年齢的な変化がすこしずつ出てきます。これを加齢変化とか変性所見といいます。

なめらかだった椎間板の水分が減ってきたリ、椎間板のまわりを取り囲んでいた「線維輪(せんいりん)」という「かこい」がいたんできたりします。すると、椎間板はとびだしていないのに、腰痛が起こります。この時、足のしびれ痛みはないのですが、腰痛が強いのです。しかし、レントゲンを撮っても「異常なし」といわれてしまうこともあります。

このような状態を、腰椎椎間板ヘルニアの手前の「腰椎椎間板症」といいます。MRIなどで調べると、いたんだ椎間板はすぐにわかります。それによって、いろいろな治療手段があります。

お気軽にご相談ください。