リウマチの診断基準

検査と診断, 関節リウマチ

0306

関節リウマチがどうか診断するには、きちんとした基準があります。
1987年に作られたものが23年間使われていました。この診断基準は次の7項目のうち4つあてはまるとリウマチと診断できるというものです。

1)朝の手のこわばり 2)3つ以上の関節炎 3)手の関節炎 4)左右対称の関節炎 5)リウマトイド結節(皮膚の下にごろっとした腫瘤ができる) 6)血液検査でリウマチ因子が陽性 7)レントゲンでリウマチの変化がみられる
この診断基準は、今は使われていませんが、関節リウマチの症状について書かれているものです。

2010年に23年ぶりに診断の決まりがあたらしくなり、新基準は2010分類基準と呼ばれています。新しい分類基準では次の4点を点数化して満点10点のうち6点を越えたらリウマチと診断するというものです。

1)罹患している関節の数 2)血液検査(抗CCP抗体とRFという検査) 3)炎症反応(CRPか血沈という検査) 4)症状が6週間以上続いているかどうか、の4点を点数化して診断します。

詳しくは日本リウマチ学会のホームページに書かれています。
(http://www.ryumachi-jp.com/info/news120115.html)
(http://www.ryumachi-jp.com/info/120115_table3.pdf)

手指のこわばりや痛みがある方はお気軽にご相談ください。