ひざの側副靭帯(そくふくじんたい)損傷

ひざ, ひざ、股関節、足

0123

大たい骨と脛骨という二つの骨からひざの関節はできています。ひざの関節を安定させるため、ひざにはいくつかのじん帯があります。正面からみて内側と外側にあるのが、それぞれ内側側副(ないそくそくふく)じん帯と外側側副(がいそくそくふく)じん帯です。

スポーツなどの時に、ひざの外側から強い力をうけることを内反強制(ないはんきょうせい)とよびます。このとき、ひざの内側のじん帯をいためることがあります。膝の内側のじん帯をいためると、膝がはれたり、内側にぐらつきが出たり、歩くときやひざを曲げるときに痛みが出てきます。

じん帯は何層かにわかれていますので、一部だけが切れる部分断裂と、すべてが切れてしまう完全断裂があります。

しばらくの期間は痛みが続くため、あまり無理をしないで治していきます。以前は、最初の期間はギプスで固定することが多かったのですが、固定をすることにより膝の曲げ伸ばしに制限が出て、膝がかたくなってしまうことがあり、最近では、なるべく早期からひざの曲げ伸ばしの運動を行う方向に治療法が変わってきています。

内側側副じん帯を損傷すると、同時に半月板や膝の中にある前十字じん帯という重要なじん帯を痛めていることが多いので、受傷したら、まずは整形外科を受診することをお勧めします、お気軽にご相談ください。