ひじの痛み -上腕骨外上顆炎-

, 肘、手、指

ひじの痛みは、慢性化してなかなか痛みがとれない時があります。
肘の外側に痛みがあることが多く、ものを持ったり、手首を起こしたりするときに痛みがでます。痛みの場所を押すと腕にまで痛みが走る時があり、「タオルをしぼる時に痛い」とか「フライパンが持てない」などの日常生活での不便が出てきます。

スポーツでは、テニスをする人がなりやすいため「テニスひじ」と呼ばれていましたが、もちろんテニスが原因ではない人の方が圧倒的に多いです。30歳以降の、少しずつ筋肉や腱が固くなってくる時期に多いです。

正確な病名は、上腕骨外側上顆炎(じょうわんこつがいそくじょうかえん)といいます。手首や指をのばす筋肉はひじの外側についています。その筋肉が骨につくところが炎症をおこすのです。原因はうでや手首の使い過ぎのこともありますが、あまりはっきりした原因がないこともけっこうあります。

痛みがでるとどうしてもそこをさすってしまうのですが、あまりゴシゴシもむことはよくありません。ちょっと特別なストレッチが、効果があります。ひじを伸ばして手首をてのひら側に曲げ、中指をもう片方の手でつまみ、ゆっくり上にひっぱるのです。また炎症と止めるためのお薬を使ったり、痛みが強い場合は炎症をとる注射がかなり効きます。

その他、赤外線や低周波治療などの治療もあります。お気軽にご相談ください。