肩に石灰がたまる肩の痛み

くびと肩, 上肢全体, 肘、手、指, 肩関節の疾患

肩の痛みの原因はさまざまなものがあります。「五十肩」といわれる肩の炎症は有名です。しかしそのほかに、肩の関節に石灰がたまることがあるのです。石灰沈着性腱板炎とか肩石灰性腱炎と呼ばれています。

いつ溜まったかははっきりわかりません。痛みも、急激に痛くなる場合と、ゆっくり痛みが出てくる場合があります。炎症が強いときは激しい肩の痛みで、夜も眠れないことがあります。

レントゲンを撮ると、肩の関節に石灰がみえます。エコー検査をすると石灰のまわりに炎症がさかんになっています。これが痛みの原因です。なぜ、肩の関節に石灰がたまるのかは、いまだにはっきりしたことがわかっていません。

石灰はしばらくすると徐々になくなっていく場合もあり、残る場合もあります。残る場合も、痛みがずっと続くわけではなく、少しずつ痛みがとれてきます。

最初の痛いときは、無理せず安静にしますが、あまり長い間動かさないでいると、肩の関節はすぐにかたくなってしまいます。腰に手をまわしたり、洗髪をすると肩に痛みが走ります。適切な治療を行い、徐々に肩を動かしていきます。体操の仕方も特徴的なものがあります。

痛みの出始めのとても痛いときは、適切に注射やお薬を使うと、あっという間に痛みがよくなることもあります。
お気軽にご相談ください。