骨粗しょう症は万病のもと

ほかの病気との関係, 整形外科全般, 骨粗しょう症

「高血圧やコレステロールの薬は大事だけれど、骨のお薬までは飲む必要ない」と考えている方も多いと思います。なんとなく、骨より血圧の方が重要な気がするのも確かです。

ところが最近の研究では、骨の強さがからだの多くの病気の原因となり、寿命にも関係していることがわかってきました。例えば、骨粗しょう症になると免疫機能が低下し、貧血や動脈硬化が起こり、高血圧などの原因になるのです。また骨粗しょう症になると認知症になりやすくなります。このように多くの内臓疾患が骨粗しょう症と、とても深く関係しているのです。

要するに、骨粗しょう症は「骨が弱くなって骨折しやすくなる」というだけでなく、健康な生活ができなくリスクを高めるのです。骨粗しょう症は決して「骨だけの病気」ではないのです。

「骨が弱くなる」→「からだの芯が弱くなる」→「からだ自体がよわってくる」→「いろいろな病気になる」と考えれば、よくわかります。骨折のありなしというより、骨が弱くなるということ自体が「からだが弱る」とほぼイコールであるということなのです。

「私は、骨折はしないだろうから」とか「ころばなければいいんだから」ということではないのです。骨粗しょう症の治療は、高血圧と同じように時間がかかります。しかし最近は、からだに負担の少ないさまざまなお薬が開発されていて、30種類以上の薬があるのです。

80歳の時の「走り回れる自分」をイメージして、早目からの治療が何より効果的です。お気軽にご相談ください。