朝、腰が痛い

腰痛と坐骨神経痛, 腰痛の原因と症状

「朝、起きる時に腰が痛い」前の日に無理をしたとか、そういう理由がなくても、朝の腰痛がとてもつらいという症状があります。
「朝、起きて布団から起き上がる時、腰がこわばっている」
「動かしはじめて、しばらくすると少しずつ腰の痛みがとれてくる」というような特徴があります。

腰には腰椎という骨があり、その間に椎間板という軟骨のクッションがあります。さらにそのまわりに筋肉があり靭帯や腱で骨を支えています。

筋肉や腱は動かさないでいるとかたくなってきます。動かしはじめる時は、まるでエンジンオイルが温まっていないのに、急にエンジンを動かすような無理があるということは前回のブログでお話ししました。
(詳しくはこちら→2015/10/04のブログ

これは関節だけでなく、脊椎にもあてはまる事です。特に腰はこの傾向が強く、立ち上がる時に腰が痛かったり、同じ姿勢でいた後に腰をかがめると痛いという症状があります。昼間はそれほどでないのに、朝起きて顔を洗う時に腰が痛いというのもその症状です。筋肉や椎間板が「温まってくる」まで、あせらずゆっくり動かしていくことが大切です。

朝のラジオ体操も効果があるでしょう。しかし、痛みが徐々に強くなってくるものの中にはいくつかしっかり調べなければならない病気も含まれています。お気軽にご相談ください。