スポーツによる肩の故障

くびと肩, スポーツ整形, 上肢(肩~指まで), 肩関節の疾患

スポーツによる肩の痛みはとても多いものです。代表的な種目は野球です。投球動作をくりかえすことによって肩の痛みが出るようになります。そのほかバレーボールのアタックやサーブ、テニスのサーブも振りかぶる動作ですので、肩をいためることがあります。

最初のうちは、スポーツをやった後に痛みが出てきます。そのまま続けていると、スポーツをやっている間も痛くなり、投球やサーブをするごとにズキッと痛みが出るようになります。

原因は、肩まわりの腱や靭帯の炎症である場合が多いのですが、なかなか治らないものの中には、関節を包むふくろや周囲の大切な構成物がやぶけてしまっていることもあります。

痛みや違和感が出てきた時点で、原因をはっきりさせることが重要です。腱の炎症だけであれば、慎重なストレッチなどのケアで復帰が可能です。スポーツの後にすぐに肩をアイシングすることも大切です。

しかし中には、痛みが治らずにこじらせてしまう選手も多いので、あせらず、肩の調子と相談しながら練習メニューを組み立てて、場合によっては詳しい検査をとりいれていくことがもっとも重要です。

オーバーユーズという「使いすぎ」も問題となっています。野球では、肩のほかに肘にも負担がかかるため、1日の適切な投球回数が年齢によって決められています。お気軽にご相談ください。