腰痛の原因 「すべり症」

分離症とすべり症, 腰痛と坐骨神経痛

50歳以降の年齢の腰痛の原因として「腰椎すべり症」という病気があります。名前の通り、ブロックのようにつみ重なっている腰椎という腰の骨がずれてきて、レントゲンを撮ると、あたかもすべっているようにみえるのです。中年以降に発症するすべり症は、腰椎が徐々に年齢的な変形を起こす「変性すべり症」が大部分です。

「すべり症」などというと、何か怖いような名前の病気ですが、決して心配することはありません。「動くと、もっとすべってしまう」と思い込んで運動をしなくなってしまったり、腰を動かすことをこわがってしまう患者さんがいます。運動によってすべりがひどくなるということはありません。むしろ背筋や腹筋をきたえることによって腰椎の固定力はよくなるのです。

腰のストレッチをしないでいると、腰まわりの筋肉の血行がわるくなり、ますます腰痛が強くなってしまうのです。すべり症であっても、しっかりした診断と指導のもとに、腰のストレッチや筋トレを行っていけば腰痛を改善できます。

このような「動かしてはいけない」という思い込みを、治療していく方法があり認知行動療法といって、最近では腰痛治療の主流になってきています。お気軽にご相談ください。