腰部脊柱管狭窄症

腰椎症と脊柱管狭窄症, 腰痛と坐骨神経痛

50歳以上の方で、腰痛や足のしびれ痛みがあり、整形外科を受診して「脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)」と診断された方は多いと思います。レントゲンやMRIで診断されますが、中には「歩くとしびれが強くなるから無理して歩かないように」などといわれた方もいると思います。

そんなことはありません。年齢の変化が腰椎に起こると脊柱管は狭窄していくのがふつうなのです。脊柱管狭窄症という診断を、必要以上に重く受け止めてしまって「歩けなくなる」とか「歩いてはいけない」と考える必要はまったくありません。以前に脊柱管狭窄症と診断を受けた人を診察すると、半分以上の人が「普通の加齢変化」の範囲内のことで悲観するどころか治療をして十分に症状がよくなるひともたくさんいるのです。

脊柱管狭窄症で問題となるのは、例えば横断歩道が渡りきれなくなるとか、じっとしていてもおしりや足がびりびりしびれて痛みがある、といったような症状が出る時です。

医師の方はおどかすつもりはないのでしょうが、ひとたび診断されると、歩けなくなるか心配になってしまいます。歩かなくなってしまったのでは、せっかくの人生の楽しみさえ失われてしまいます。お気軽にご相談ください。