膝のスポーツ障害

スポーツ整形, ひざ, ひざ、股関節、足, 下肢(股関節~足まで)

ジャンプは、多くのスポーツでかかせない動作です。バスケットボールやバレーボールを代表として、いかに高く跳ぶか、ということがとても重要な種目がたくさんあります。

ジャンプをするときには、曲げた膝が一瞬のうちに伸びるため「お皿」といわれる膝蓋骨にとても大きな力がかかります。またジャンプに限らず、ランニングでも膝を伸ばす力が強く働き、膝蓋骨の上と下にストレスがかかるのです。

膝蓋骨のすぐ上には、大腿四頭筋という筋肉がついています。この筋肉が膝蓋骨につくところで炎症を起こすと四頭筋腱炎になります。また膝蓋骨の下には膝蓋腱がついています。これが炎症を起こすと膝蓋腱炎となります。四頭筋腱炎と膝蓋腱炎をあわせて「ジャンパーひざ」といい、特に若い世代のひざの慢性痛の原因としてとても多いのです。

ジャンパーひざを起こす原因は、関節の柔軟性や、筋力に見合わない激しい練習などです。最初はスポーツをした後に痛みが出てきますが、痛みが強くなってくると、走る事、ジャンプすることが難しくなります。

治療はアイシングとストレッチが基本です。必ずしも練習を休む必要はありませんが慎重にケアしていくことが大切です。お気軽にご相談ください。