腰のコルセットの使い方

腰痛と坐骨神経痛, 腰痛の治療

腰が痛い時につける装具に、コルセットがあります。
コルセットにもいろいろな種類があります。

ちょっとした腰痛や、ぎっくり腰の時につけるベルトのような柔らかいものが一般的です。
腰部脊柱管狭窄症や、腰椎椎間板ヘルニアのように、坐骨神経痛を伴うものには、もう少ししっかりしたコルセットを作ります。これは立った時や、歩く時におこる、腰椎の不安定性を制御して、神経をいためるのを防ぐ働きがあります。

また骨粗しょう症による圧迫骨折を起こすと、次第に骨がつぶれていってしまいます。このためとても腰が痛くなります。この時、圧迫骨折をしたところが固くなるまでのしばらくの間、骨がさらにつぶれるのを防ぐ硬いコルセットもあります。さらに中高生に多い分離症のためのコルセットなど、さまざまなものがあります。

これらはできあいのものではなく、患者さんのからだと病状に合わせて、ひとりひとりオーダーメードで採型をして作ります。
「以前コルセットを作ったけれど、つけるときゅうくつで結局使わなくなってしまった」という方も多いと思います。

コルセットをずっとつけていると、腰まわりの筋肉がやせてきたり、コルセットに依存してしまうことがあります。だから「自前の筋肉というコルセット」を作っていくことが一番重要です。

外出する時だけつけたり、家でくつろいでいる時はとったり、うまく使い分けてください。午前と午後の1時間ずつ装着すると、そのあと一日中楽になる、ということもあります。お気軽にご相談ください。