肩こりの人のレントゲン ストレートネック

くびと肩, 頸椎の疾患

肩こりが強いと頭痛までおこることがあります。首まわりには自律神経がたくさんあり、これが不調をおこすと、体のだるさ、血行障害、さらには立ちくらみやめまい、腕や手のシビレ、気分の沈みといった症状も出てきます。肩こりは、患者さんにとって、日常生活に支障をきたす大変な問題なのです。

肩こりになりやすいレントゲンの特徴があります。
首をレントゲンで撮ると、普通は「前向きに矢を放つ弓の弦」のようなきれいな「前の凸」の弯曲があります。ところが肩こりの人ではこの弯曲がなくなり、まっすぐになってきます。これを「ストレートネック」といいます。またレントゲンで首が長く、頚椎のかなり下の方までみえます。これを「ローセットショルダー」といい、肩まわりの筋肉が少なくなっている証拠で、首の筋肉や神経がたえず下に向かって引っ張られている状態です。

「肩こりは体質だからしょうがない」「職業病」「年だから」などとあきらめてはいけません。適切な治療と生活指導でよくなっていきます。「肩こりなんかで病院で診てもらっていいのかな」と遠慮される方がいますが、ひとりで心配しないように。
お気軽にご相談ください。