急な、肩や首すじの痛み

くびと肩, 頸椎の疾患

「ねちがえ」といって、特に原因がないのに、急に首すじや肩が痛くなって、「首が回らない」という状態になることがあります。
急性項部痛とか急性頚部痛といわれ、さまざまな原因が考えられます。

骨や神経には異常がないのに強い痛みが出る場合は、適切な治療をすれば数日で症状はよくなっていくことが多いです。いわゆるギックリ腰と同じような状態なのです。

しかし、なかには頸椎椎間板ヘルニア、頚椎症性神経根症、胸郭出口症候群のような、首の骨や椎間板、首から出ている神経が異常を起こしていることもあります。

またときどきあるのが、リウマチ性多発筋痛症という病気です。急に首回りと肩に強い痛みが生じ、発熱を伴うこともあります。病名に「リウマチ」とついていますが、リウマチとは違う病気です。また「クラウン・デンス症候群」は、同じく、強い首や肩の痛みがあり、血液検査で炎症があることが特徴です。

レントゲンでは頸椎のまわりに石灰沈着があり、偽痛風のような病気といわれています。これらは血液検査で診断でき、適切な治療をすれば経過は良好です。
お気軽にご相談ください。