リウマチの注射薬 エンブレル

治療とくすり, 関節リウマチ

リウマチを治療する薬は、以前から多くのものが使われていました。1999年にリウマトレックスというお薬が使われるようになってから、この薬が重要な薬(アンカードラッグといいます)になりました。

さらに、関節リウマチの治療に劇的な変化が訪れたのは、2003年に「生物学的製剤」といわれる注射のお薬が使われるようになってからです。それ以来リウマチは治る病気になりました。

生物学製剤は別名「バイオ」とも呼ばれています。「生物」の意味のバイオです。生物学的製剤は、最初は1種類でしたが、年々新薬が開発され、現在、主に使われている「バイオ」にはエンブレルやヒュミラなど7種類あまりのものがあります。

このうちエンブレルは、最も多く使われているバイオの一つです。エンブレルは週1回の注射薬です。この薬は大変よく効き、関節炎を止めるばかりか、それまで進行していた関節の変形が治ってくることもあります。

エンブレルは、TNFαという関節を壊す物質の働きを止める作用があり、TNFα阻害薬といいます。同じTNFα阻害薬にはレミケードやヒュミラ、シンポニーやシムジアがありますが、症状や検査結果で使い分けます。
お気軽にご相談ください。