あしのつけ根の痛み「グロインペイン症候群」

スポーツ整形, ひざ、股関節、足, 下肢(股関節~足まで), 股関節と大腿(ふともも)

太もものつけ根を鼡径部(そけいぶ)といいます。鼡径部には走ったり、蹴ったりする時に重要な筋肉があり、この部位が痛くなることがあります。サッカー選手に多いのですが、陸上やその他のスポーツでもみられます。

「レントゲンで異常がないので様子をみるよう」といわれることもあります。しかし意外に長びき、ランニングやキックの動作で痛みが続くことがあります。

原因は股関節まわりの筋肉のバランスが悪く、腰や股関節から下肢全体の動きの協調性が悪いことです。

治療は、アスレチックリハビリが中心になります。ストレッチや、股関節まわりの筋トレが効果的です。痛みの感覚はアスリート本人にしかわかりません。それをしっかり聞き取り、痛みをとっていきます。しかし、中には股関節自体に問題があるインピンジメント症候群や、骨盤の筋肉付着部の裂離骨折が、かくれていることもあります。

日本体育協会公認スポーツドクターは、このような運動時の痛みについて、アスリートと相談しながら指導を行います。
お気軽にご相談ください。

日体協スポーツドクター検索はこちらから