手指のひっかかり「ばね指ではありませんか」

手と指, 肘、手、指

手の指を動かす時に、カクカクひっかかりがおこるようになることがあります。曲げている状態から伸ばす時に「カクン」と、ばねのようにひっかかります。特に朝、起きた時に多く、指がひっかかって伸びなくなることもあります。女性に多く、更年期や産後などにおこる事もあり、ホルモンに関係あるともいわれています。おやゆびに多く、次に中指や薬指にみられます。

これを「ばね指」といいます。ばね指は腱鞘炎の一種です。指を曲げ伸ばしする腱の通り道の、腱鞘というトンネルが、狭くなって動きが悪くなります。

ばね指では、手のひら側の、ゆびの根元に痛みがあります。時にはグリグリするかたまりをふれることもあります。

症状が出てすぐの時には、あまり無理して動かさないようにします。なかなか痛みとひっかかりが取れないときは注射をすることがあります。注射にはステロイドという、炎症をとる成分が含まれていることが多く、これで症状がとれることがほとんどです。

しかししばらくして、また同じ症状が出ることもあります。何回も繰り返すようなら腱鞘を開く手術も有効です。
お気軽にご相談ください。