肩こりの意外な原因 胸郭出口症候群

くびと肩, 頸椎の疾患

胸郭出口症候群という病気があります。「きょうかくでぐちしょうこうぐん」と読みます。
この病気は肩こりの意外な原因として知られています。

首の骨(頸椎)から出た神経は鎖骨の下を通って両手の先にのびています。この神経が鎖骨の下の部分で圧迫されてしまうのです。神経が鎖骨の下を通ってうでに出る「出口」に原因があるため「胸郭出口症候群」とよばれています。

この病気になると、肩こりや首まわりの痛み、うでや手のシビレや重だるさを感じるようになります。時には肘や肩が悪いのではないか、と思うこともあります。

「出口」が狭くなる原因としては肩が下がっていることが多く、肩や首の筋肉がない人、運動不足の人、なで肩の人に起こりやすく、慢性の痛みの原因となっていることがあります。

治療は筋トレやストレッチなどの運動療法を基本にします。また神経を回復させてしびれをとる薬や、血行をよくする薬などが有効なことがあります。体型や生活習慣と密接に関連した疾患ですが、運動のしかたなどで症状が改善します。
お気軽にご相談ください。