急な腰痛には安静が必要か

リハビリと運動療法, 腰痛と坐骨神経痛, 腰痛のリハビリ, 腰痛の原因と症状

いわゆるギックリ腰といわれる、突然はじまる腰痛があります。腰痛の原因にはさまざまなものがありますが、その85%は「原因が特定できない腰痛」でいわれており、「非特異的腰痛」といわれています。ギックリ腰の多くはこの非特異的腰痛です。

このような腰痛は、以前はしばらく安静にしていることが重要だといわれていました。
しかし最近は、安静は必ずしも効果がある治療法とはいえないことがわかってきました。むしろ痛みに応じた活動性を保つことが、痛みをとり機能を回復することがわかってきたのです。

無理をしない程度に、腰をほぐすようなイメージで、ゆっくり腰まわりを動かしていきます。座ったままでもいいので、痛い動作をさけて、上体をほんの少し前後左右に揺すってみます。このように少しでも活動性を保つことが重要です。

ただし腰痛の中には椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄によるものがあり、また骨粗しょう症や圧迫骨折によっておこる腰痛もあります。これらに中には、治療に注意が必要なことがありますので、整形外科でしっかり診察を受け、診断と指導を受けてください。お気軽にご相談ください。