中高生のスネの痛み -シンスプリント-

スポーツ整形, ひざ、股関節、足, ひざ下〜足首〜あし, 下肢(股関節~足まで)

中学生や高校生のスポーツ選手で、ひざ下「むこうずね」の真ん中よりやや下の、足首に近いところが痛むことがあります。すねの骨を脛骨(けいこつ)といいますが、この脛骨の内側が痛くなります。
陸上や、サッカー、バスケットなど走ることが多い競技でよく起こります。

これをシンスプリントといいます。脛骨の周囲の炎症であり、「過労性骨膜炎」とも呼ばれます。ひざ下の筋肉や腱に反復して刺激が加わることにより炎症が生じます。日常生活ではほとんど問題ないのですが、走ったり跳び上がると痛みが生じ、競技成績に影響を与えます。

原因は足首の柔軟性や、扁平足、グランドや体育館の床、あるいはシューズの影響があります。また、これと似た症状を出すものに疲労骨折があります。こちらは脛骨自体に繰り返しストレスが加えられたことにより微細なヒビが生じます。このふたつをしっかり診断することが重要です。

できるだけスポーツを休まずに治療していければ、それに越したことはありません。しかし痛みがとても強いときは、しばらく様子をみながらケアしていくことが大切です。
運動後のアイシングやクーリングダウンも重要です。ふくらはぎの筋肉のストレッチも有効です。お気軽にご相談ください。