ひざの痛みとヒアルロン酸

ひざ, ひざ、股関節、足, 整形外科全般

ヒアルロン酸は、関節の軟骨の中にふくまれています。軟骨は骨よりやわらかく、関節のクッションの役割をしています。このクッションが加齢とともに少しずつ傷んでくるのは、ごく自然なことです。白髪や顔のしわと同じような、年齢と関係のあるものです。

しかし軟骨がすり減って、立ち上がる時や歩き始めにひざに痛みを感じるようなことがあると、これはそのままにはしておけません。人間のからだにとって「痛みを感じる」ということは、とてもストレスのあることなのです。

ヒアルロン酸をひざの関節に注入することによって、ひざの軟骨を保護し、すり減りを防止し、痛みをとります。このことは科学的に実証されているため、膝と肩に直接注射することだけが、保険診療で認められています。

さまざまな研究の結果によると、長期的な注射がひざの治療に有効であるという結果も出ています。関節の中に注入されたヒアルロン酸が軟骨の中にしみこんでいって、軟骨をうるおいのあるものにしていく、というイメージです。

もちろん、ヒアルロン酸だけですべての膝の問題が解決できるわけではありません。非常に痛みが強い時や、関節に水がたくさんたまってしまった時は、ステロイドという炎症をとる薬を注射することもあります。ヒアルロン酸は治療を重ねていって成果が出てきます。
あせらずに治療していきましょう。お気軽にご相談ください。