中学生高校生アスリートの腰痛 -腰椎分離症について-

スポーツ整形, 分離症とすべり症, , 腰痛と坐骨神経痛

中学生、高校生のスポーツ選手によくみられるのが腰痛です。
腰痛をおこす原因はいくつかありますが、10歳台に多いのが腰椎分離症です。腰骨の一部にひびのようなものがはいるのです。

そう聞くと、びっくりしてしまうかもしれませんがこの病気は意外に多く、スポーツをしている中高生の2割程度にみられるという調査もあるほどです。

このひび、大きなけがをしておこるのではなく、特に原因がなくても痛くなってきます。最初のころはスポーツをすると痛いけれど、日常の生活ではあまり痛くないのが普通です。
腰をそらせると痛みがでることもあります。レントゲンでわかりますが、初期はCTやMRIで検査することもあります。腰骨の一番下、第5腰椎におこることが最も多いのが特徴です。

多くは腹筋背筋の筋トレや背中、ふともものストレッチを行うことで徐々に痛みがとれ、スポーツに復帰できます。成長期が終わるころには痛くなくなることがほとんどです。

ただし、診断をしっかりつけず適切な治療をしないと、痛みが慢性化したり、腰から出る坐骨神経を刺激して太ももやふくらはぎの痛みがでてくることもあります。
日本体育協会公認スポーツドクターはこのような腰痛に対して適切なアドバイスをします。
お気軽にご相談ください。