女性ホルモンと骨の密接な関係 -更年期症候群と骨-

原因と症状, 整形外科全般, 骨粗しょう症

女性は更年期に体内のホルモンの様子が大きく変わり、更年期症候群といわれるさまざまな症状がおこります。ほてりやのぼせ、手足の冷えや関節のこわばり、めまいや頭痛など独特の症状をおこし、気分の変調や意欲の減退など生活に支障を生じることもあります。

そして一見、関係なさそうですが、更年期と骨の間には、実は密接な関係があるのです。

更年期にはエストロゲンという女性ホルモンが減ってきます。このエストロゲンには、骨を壊す破骨細胞の働きを抑えるという大事な働きがあります。エストロゲンが減ると、破骨細胞の働きが活発になり、骨がもろくなってしまうのです。
ですから骨粗しょう症が発症する年齢は、ちょうど更年期に重なります。更年期症候群を治療する薬の中には、同時に骨粗しょう症に効くものもあるのです。

骨はからだの芯棒です。これがもろくなると筋肉も弱くなり、からだ全体の「たくましさ」がなくなってきます。

骨粗しょう症の薬の中には女性ホルモンから開発された薬もあり、この薬はSERM(サーム)と呼ばれています。サームは骨の代謝を整え、骨を丈夫にしていく薬です。

更年期には、めまいや冷えなどのほかに骨の変化もきたします。骨密度を測って、目にみえない骨の変化に早めにみつけることが大切です。お気軽にご相談ください。