「ひび」と骨折はどう違うのか

整形外科全般

「レントゲンを撮ったけれど、骨にひびがはいっているって言われたの。でもひびでよかった。骨折じゃなかったから」
こんなことをよく聞きます。

「ひび」ってなんでしょう。
実は、ひびも骨折のひとつなのです。
医者の使う用語には「ひび」という診断名はありません。外傷などでホネに変化が起きた場合、すべて骨折になります。
ですから、ひびは医者の用語では「不全骨折」といいます。レントゲンで骨に割れ目がはいっているけれど、完全に折れていない状態です。

これよりももっと軽いひびはレントゲンではわかりません。そういうものも骨折です。これらを不顕性(ふけんせい)骨折とか骨挫傷(こつざしょう)、あるいは微小骨折、骨梁(こつりょう)骨折などといいます。
せぼねがつぶれるのも、骨の変化のひとつですから、これを圧迫骨折といいます。

「骨折」というと、びっくりしてしまいますが、外傷性の骨の変化すべてをいっているので、軽いものはほとんど心配いりません。わからないことがあったらお気軽にご相談ください。