「冷たい湿布と温かい湿布、どっちがいいですか」湿布の疑問

整形外科全般

「冷たい湿布と温かい湿布、どっちをすればいいですか」
「湿布ってホントに効くんですか」

このようなご質問をいただくことがあります。
貼り薬には大きく分けて2種類があります。白くてちょっと厚くて、貼る面がぬるっとしているものを「パップ剤」といいます。
これに対して、ベージュ色をしていて薄いものは「テープ剤」です。テープ剤の多くは「非温感タイプ」といって温かくも冷たくも感じません。
最近はテープ剤が大変多く使われています。テープ剤は軽くはがれにくく、貼る瞬間もヒヤッとする感じがありません。
逆にパップ剤のヒヤッとするところがいいという患者さんも多く、この感じが痛みに効くこともあります。

テープ剤とパップ剤は、どちらをどういう時に使う、と決まったものではなく、要は「患者さんの貼りごこち」が大切で、それによって使い分けていいのです。
温かく感じる成分はトウガラシの成分などがふくまれているがあり、これが含まれている貼り薬はパップ剤にもテープ剤にもあります。
最近の貼り薬には、炎症を止めて、同時に痛みをとる薬が、成分として含まれているものがほとんどです。ですから、非温感の貼り薬は温かくも冷たくもないのですが、皮膚から痛みをとる薬が吸収されます。これが、温かくも冷たくもない貼り薬で痛みがとれるしかけなのです。
私も肩がこった時や手足の痛い時に、ふろに入って寝る前に貼り薬をすると、翌日には痛みがだいぶ取れています。飲み薬より効くこともあります。

たかが貼り薬、と思わずに試してみてはいかがでしょうか