坐骨神経痛になる原因

ひざ、股関節、足, 下肢全体, 坐骨神経痛, 整形外科全般, 腰痛と坐骨神経痛

坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)になると、お尻から足にかけての痛みやしびれが出てきます。ふとももの後ろやふくらはぎが張ってくることもあります。片方の足のことが多いのですが、両あしが痛くなったり、右と左が交互に痛くなることもあります。

坐骨神経は腰から出ている神経です。ですから腰に原因があることがほとんどです。原因で多いものは二つあります。椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)です。

患者さんが私に話してくれました。「ある病院では坐骨神経痛といわれ、次の病院では椎間板ヘルニアといわれました。そればかりか別の病院では狭窄症といわれました。なにがなんだかわかりません」
本当に、これでは患者さんは混乱してしまいますね。脊柱管狭窄症は神経の通る穴が狭くなる病気ですが、椎間板ヘルニアも合併して、さらに穴が狭くなることがよくあるのです。そして狭くなった穴に神経が障害されておこったのが坐骨神経痛です。

神経痛は打撲や骨折の痛みと違って、しびれや独特のいやな感じを伴うことがあります。痛み止めが効きにくいことがあり「神経障害性疼痛」とよばれます。神経痛に対する治療は最近大変進歩して、よく効くお薬や治療法が続々と開発されてきました。「なかなか治らない」とあきらめずにぜひご相談ください。