膝の軟骨がすり減っているのに歩いてもいいのか

ひざ, ひざ、股関節、足, 整形外科全般

50歳ころから膝の軟骨は徐々にすり減ってきます。2本足で歩く人間の宿命であり、関節がすり減ってくる状態を変形性膝関節症といいます。女性では60歳で6割、70歳で7割の人が変形性膝関節症になります。

患者さんから「軟骨がすり減っているのに歩いていいのですか。ますます軟骨が減ってしまうのではないでしょうか」と聞かれます。
すり減った関節で、歩いたり運動をするといけないように感じますが、実はそうではありません。関節はもともと動かすためにあります。足は歩くためにあるのです。膝を大事にしすぎるあまり、歩かなかったり動かさないでいると、関節の血行や潤滑が悪くなってきます。適度な運動や歩行が関節に刺激を与え、周囲の筋肉の血行もよくなり軟骨や骨も活性化されます。
そればかりか運動や適度は、関節の痛みにとても効果があるのです。運動が、膝の痛みに対して鎮痛薬と同じくらい効果があったという研究結果も出されています。

患者さんから「最初は不安だったけれど、だまされたと思って毎日運動したら、痛みがとてもよくなった」といわれました。
だからおそれず運動をしましょう。歩くという事が健康のバロメーターなのです。足をきたえる運動や、適度なウォーキングはとても効果的です。これらの運動と同時に適切な治療を行うことで、膝をいつまでも丈夫に保つことができます。ぜひお気軽にご相談ください。