日常生活で気にならない痛みでも、スポーツでは大問題

スポーツ整形, 予防と治療

スポーツをしていると、足首や膝、肩や肘などに痛みを持つことがあります。総合病院で検査をしても「大きな異常はないからしばらく様子をみて」などといわれたことがある中高生の選手もいると思います。

膝や足首を痛めて検査をして骨折や靭帯損傷などはないけれど、痛みが長い間続くことがあります。運動をしないでいると日常生活には全く問題はないのですが、ひとたび走ったり、試合をするとズキッと痛みが走ります。
ほかの人にはわからないけれど選手本人はとても困るのです。中には指導者やコーチにそのことを話せないで一人で悩んでいる選手もいます。「最近パフォーマンスが落ちてきたがスランプだろう」と思われていることもあります。検査で何もないのに痛みが続くことは、むしろ多いことなのです。

検査で何もないという事はどこにも問題がない、ということでは決してありません。必ずどこかにミクロの故障があるのです。そこをしっかり診察して選手に寄り添い、日常のケアを一緒に考えて、本来のパフォーマンスをとり戻していくようにアシストするのがスポーツドクターの役目です。
ひとりで悩みを抱え込まずにお気軽にぜひ相談してみてください。