女性と骨粗しょう症

原因と症状, 骨粗しょう症

女性は50歳を過ぎたころから、内分泌学的環境といわれるホルモンの様子が急激に変化してきます。骨を丈夫に保つ女性ホルモンが減ると、骨がもろくなってくるのです。女性では70歳になると、骨が一番強かった30歳のころと比べて7割から8割の強さになるのが一般的です。骨の強さが7割を下回ると骨粗しょう症です。つまり女性は70歳から80歳になると骨粗しょう症になるのが平均的、という事さえいえます。
ですから女性は40歳を過ぎたら1回は骨の精密検査をして自分の骨の様子を知っておくことが大切です。検査にはレントゲン、骨密度測定、血液検査があり、これらを総合して骨の様子を確認します。

一口に骨粗しょう症といってもひとりひとりで大きく違ってきます。腰の骨がもろい人、太もものつけ根の骨がもろい人、骨を壊す細胞が活発になって骨が弱っている人、骨を作る細胞が活動しなくなって骨がもろくなっている人、骨の密度は普通なのに骨の質が悪く骨折しやすい人、など骨粗しょう症の中にはたくさんのタイプがあるのです。
身長が少し縮んできた、背中が丸まってきた、腰や背中になんとなく重だるい感じがある、などの症状があれば骨粗しょう症の可能性があるので、ぜひ検査を受けてみてください。