電気治療ってなんでしょうか?-リハビリの重要な治療です

リハビリと運動療法, 物療など

リハビリでよく登場する「電気治療」についてです。電気治療ってなんでしょうか。
光や電気、電波、音などはすべて「波」なのです。
「波」の中には、目にみえる光、赤外線や紫外線、家庭のコンセントから流れる電気、レントゲンや放射線などさまざまなものがあります。電子レンジで使うマイクロウエーブや携帯電話の電波もすべて「波」なのです。

これらの中で低周波や干渉波は、人体に対して血液循環を促進して自律神経を活性化させ、筋肉を和らげる作用があるのです。
現在、さまざまな治療機器が腰痛や肩こり、肩やひざの痛みの治療に使われています。これらを使った治療を物理療法といって、物療と略されています。物療にはこの他に温熱療法や光療法、けん引療法などがあります。
物理療法をはじめとする治療をリハビリテーションといいます。リハビリテーションは整形外科や内科と同じように、医学の立派な一分野です。総合病院にはリハビリテーションを専門にしているお医者さんもいます。物理療法を治療に使うことができるのがリハビリテーション科専門医です。
長野県で整形外科専門医は264人もいます。しかしリハビリテーション専門医は現在(2013年6月)たった35人しかいないのです。日本リハビリテーション医学会ではリハビリ専門医をホームページに公開しています。
https://member.jarm.or.jp/specialist.php#20

私はリハビリテーション専門医ですが、専門医を取得するには、長い期間の研修と厳しい試験に合格しないといけません。
リハビリ専門医は病気や外傷の結果生じる障害を医学的に診断治療し、機能回復と社会復帰を総合的に提供することを専門とする医師です。専門医の資格は、リハビリテーション科が関与するすべての領域について、定められた卒後研修カリキュラムにより5年以上の研修を修め、資格試験に合格して認定されるものです。(http://www.jarm.or.jp/civic/civic_specialist/

いわゆる電気治療といわれるものも専門的なリハビリの知識が必要なのです。当院では低周波、干渉波、経皮的鍼刺激治療、温熱療法、けん引療法などさまざまな物理療法を提供しています。効果的な物理療法を患者さんと一緒に考えていきたいと思っています。