原因のない腰痛はない

整形外科全般, 腰痛と坐骨神経痛, 腰痛の原因と症状

私の著書「腰痛をこころで治す」にも書きましたが、腰痛の85%は検査で異常がありません。では、異常がないのになぜ腰が痛いのでしょうか。正確には「異常がない」のではなく「検査で異常がみつからない」のです。

腰のレントゲンを撮ると、ある程度の年齢以上の患者さんには、かならず骨の変形がみられます。この変形は、顔のしわや白髪と同じで、正常な加齢変化なのです。ですからそれらの変化を腰痛の原因と断じることはできません。

腰痛の明らかな原因が検査で出てこないものが85%ということなのです。それではその85%の患者さんを異常なし、ということができるのでしょうか。私はそうではないと考えています。どこかに必ず痛みの原因があるから痛いのです。

現代医療は万能と考えられていますが、決してそうではありません。MRIを使っても原因が分からない腰痛がほとんどなのです。検査ですべてがわかる、という思い込みには、大きな落とし穴があります。医師が患者さんを診察することの大切さ、という現代医療が忘れてしまった視点です。

検査で異常ということは、ほかの病気を例に考えてみれば分かります。たとえばメンタルクリニックで治療するうつ病という病気は、血液検査やMRIでは異常がみられせん。しかしうつ病という病気は明らかに存在します。同じようなことはからだの症状を引き起こす機能性胃腸症(ディスペプシア)や線維筋痛症という病気にもあてはまります。機能性胃腸症(ディスペプシア)は検査をしても何も異常はありませんが、患者さんはおなかが痛くなったり、下痢や便秘をしたり大変な苦しみがあります。線維筋痛症は検査では何も異常がないのにからだのあちこちが痛む病気です。

もっと簡単なものでも、たとえば肩こり。レントゲンなどで異常がなくても、患者さんの肩はかちかちに硬くなっており、痛みも大変強いのです。そんな患者さんの肩を触ると、かちかちになった筋肉の中に「こりこりの芯」というべきトリガーというビー玉くらいのかたまりを触ります。検査で異常がなくてもしっかり診察をすれば必ず異常があるのです。

腰痛や肩こりを「検査で異常がない」と決めつける前に、患者さんの生活環境やストレス、痛みの出たきっかけなどを細かく聞き、痛いところをしっかり触っていくと、レントゲン検査ではわからなかった原因がきっとわかるのです。