がんばれ、山雅。

スポーツ整形

松本山雅FCの対徳島ヴォルティス戦の会場ドクターに行ってきました。
と、いってもサッカーのことをよく知らない人もいると思うので少し解説します。松本山雅FC(フットボールクラブ)は松本市をはじめ中信地区の市町村をホームタウンとするプロサッカーチームです。ホームスタジアムは信州まつもと空港の近くにあるアルウィンです。昨年J2に昇格しました。

私は日体協のスポーツドクターや長野県スポーツドクター協議会の理事として、国体や県選抜サッカーチームの海外遠征に帯同した経験はありましたが、アルウィンでの山雅の試合の会場ドクターははじめて経験でした。
とても暑い日でした。午後3時半に開場、キックオフまでの2時間半、炎天下にいるサポーターの皆さんが、熱中症にならないか心配していましたが、幸い大きな病気やけがもなく、安心しました。

チームを支える会社のOさんやKさん、Hさん、チームドクターとして選手の相談にのるドクターMさん、ホームページを担当しているNさん、みなさん生き生きと、しかも楽しそうにチームを支える仕事をする姿をみて、チームのスローガン「ONE SOUL」そのものを感じました。

試合は0-0でしたが、とても素晴らしい試合でした。
冒頭の寫眞は救護室から試合中に写した写真です。
チームスタッフのみなさん、ありがとうございました。

がんばれ、山雅。