診察前の一コマ

その他

開院して10日が経ちました。毎日、多くの患者さんに来院していただいています。時間帯により診察や検査までお待たせすることがありますが、患者さん同士で協力していただきとてもありがたく思っております。できる限り待ち時間が短くなるように努力していますのでよろしくお願い申し上げます。

私は診察室に患者さんをお呼び入れする時、自分で診察のドアを開けて患者さんをお呼びしています。よく看護師さんやマイクを使って患者さんを呼ぶ病院がありますが、私は自らドアの外に出て待合室の患者さんをお呼びしています。

最近出版した私の著書にも書きましたが「患者さんの診察は、患者さんが診察に入る前から始まっているから」です。患者さんが、待合室の椅子から立って診察室に入るまでの歩き方、表情、体の使い方に病気の原因を突き止めるヒントの多くがあるのです。

今日も待合室に出て患者さんをお呼びしました。若い子供連れのご婦人と80歳代のご婦人の患者さんが待合室の椅子に並んでいました。何をお話ししていたかは分かりませんが、どうやらずいぶんお話が弾んでいる様子です。私がお呼びすると老婦人の患者さんの方が「あら、私、呼ばれたわ。じゃあお先」といってお隣の患者さんに挨拶をして診察室に入ってきました。こんな風景をみていたら私はとても温かい気分になりました。